あんかけ焼そば特集 PART3

画像
画像
画像
画像
画像


おまっとさんでした。(古っ!)あんかけ焼そば特集第3弾です。まずは、お蕎麦やさんから異色の一品。函館駅前WAKOデパート向かいの丸南 本店から中華風あんかけ蕎麦(バリバリ麺 ¥850)です。蕎麦の美味しさに定評のある同店の創作メニューですが、和風あんといった感じでトロミは少ないのですが、しょう油の香りが揚げた蕎麦に染みこみそれはなんと表現してよいやら..... 日本酒が欲しくなります。次はホテルロイヤルの中華部門ぎょくらんから。これはランチメニューでスープ、デザート、コーヒーが付いて¥950です。函館らしくイカが沢山、ハム、さやえんどうなど色とりどり、麺も焦げ目が美味しいです。でも若干、統一感に欠ける気がします。麺、具も豪華で旨いのですが、俳句の会状態です。次は五稜郭駅前の新店  です。若い店主は湯の川地区にあった店の店主に似ている気がします。調理中の鍋さばき、ジュージューした音が期待感を増幅させます。味は期待に違わぬものでした。具のヤングコーン、にんじん、白菜、竹の子など野菜も沢山。あんかけの醍醐味を味わえます。他のメニューの坦々麺、炒飯も興味が湧きました。次はトイザらスの近くにある張家口(ちょうかこう)の海鮮あんかけ(¥780)。この店は坦々麺が絶品ですが、やきそばも高得点です。麺と具の量、バランス、あんの絡み具合、薄味ですが登場人物(具、麺)の個性がきちんと生かされております。いつ行っても沢山の客がいることに頷けます。最後は大沼公園の(あずさ)です。いまや大沼名物といえば、沼の家の大沼だんごとこのやきそばと言われるくらい知名度のある一品です。といいつつも今回、初めていただきました。感想は上品でまとまりがある印象です。観光地でログハウスの店構えからはボリューム重視が出てくるのかなと思いましたが、いい意味で裏切られました。具も種類が多く、あんはしょう油ベースのようです。スープ、コーヒーが付いて¥850。観光客にも自信を持って勧められます。函館といえば、塩ラーメンが全国区となっておりますが、元々、中華の店や職人が多い土地だけにあんかけ焼そばもメジャーな地麺となれる潜在力があるかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

funfunfun409
2007年12月04日 11:24
初めまして。
丸南の検索で辿りつきました。
仕事で年に1ヶ月ほど函館にいます。
今後色々と参考にさせていただきます。
nobu
2007年12月04日 18:18
funfunfun409さんコメントありがとうございます。funさんのブログを見させていただきました。今年の3月に僕の勤務するクラシックカーミュージアム函館の見学にいらしていたとは光栄です。僕もfunさんのブログを参考に美味しい店の開拓をしてゆきます。

この記事へのトラックバック