勇気を出して聞いてみました  ラーメン類類

画像
画像
画像


ラーメン店に限ったことではないのですが、その店の店名の由来が気になることはないでしょうか?以前、五稜郭駅前(現七飯町)にて営業している『ら・むー』がオープンしたときは、『もしかすると、店主は菊池桃子のファンなのではないだろうか?(古っ!)』と思い立ち、店主に『ら・むーは菊池桃子が居たロックバンドから採ったんですか?』と聞こうとおもいましたがそれは抵抗があるので『ら・むーという名前はどういう意味があるんですか?』と問いただしてみました。すると店主は『ラーメンとムー大陸を掛け合わせたんです。』との回答。桃子から採ったんではないガッカリ感と疑問が解けたスッキリ感を感じることができました。そして、今回は昨年の秋に松前に行く途中に発見して気になっていた店に突入レポートを敢行しました。その店の名は『類類』。そう、昭和のアイドルスター、太川陽介が指をLの字にして踊ったヒット曲『ルイルイ』から採ったのではないか?との疑問を解消するためです。店は木古内にあり車で約40分ほどかかります。1時ごろ到着。店に入ると常連と思われる先客が3名いました。店主は演歌歌手の山川豊に似た50歳代くらいのおじさんで、結構、話かけやすそうな感じで一安心。注文したのは、メニュー表の一番上にあるあっさり醤油(630円)を。
長ネギ、軽く炒めた玉ねぎ、モヤシとチャーシュー1枚、メンマとシンプルな構成。味はその名の通りアッサリしていて食べ易かったです。普段はマニアックな店を食べ歩いているため、この一杯は懐かしくホッとする感じでした。さて、食べ終わり、会計を済ませ、店主に『店名は太川陽介のルイルイから採ったんですか?』とは聞けず、『店名の類類はどういう意味なんですか?』とまた、消極的な聞き方で質問。店主は『うちのラーメンはメニューが多く、種類が多いので種類、種類から類類にしました。』とのこと、僕は特にメニューが多いとも思わなかったのですが、『なるほど、いい店名ですネ。』と受け答えをして店を後にしました。家に帰り、You tubeで検索した太川陽介のルイルイを見て山川豊似の店主の笑顔とアッサリ醤油ラーメンの味を思い出しているところです......

●北海道上磯郡木古内町字新道45   01392-2-3513 火曜定休
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

izuro
2008年01月27日 21:01
 「ら・むー」の話、吹き出してしまいました。また、きょう知内に行く時に「類類」の前を通り、私も「太川陽介か?」と思っていました。疑問が一つ解消しました(笑)。
在函館少年
2008年01月27日 21:21
izuroさんはじめまして。コメントありがとうございます。近いうちに、北斗市の『超人』の店名の由来を記事にしたいと思います。

この記事へのトラックバック