あんかけ焼きそば特集PART5

画像
画像
画像
画像
画像


みなさん、わんばんこ!(オレは鶴光か)何故か?評判の良いコーナー、あんかけ焼きそば特集も第5弾となりました。さて、一発目ですが、大人のラーメン店という形容詞がふさわしい、美原の路地裏ラーメン店、つるつる亭からです。あんは比較的、トロミが少なく、焼きラーメン感覚です。具はホタテ、エビ、キクラゲ、竹の子、人参、白菜と見た目、栄養面も良くトータルバランスに優れた一品です。この店の店主は器用貧乏とでもいうべきでしょうか、ラーメン同様、一味違います。ちなみに火、水限定なのでお間違いなく。次は赤川地区の隠れた名店、チャイニーズハウス元宝から。結論から言うと、僕的には函館あんかけにて1,2を争う出来だと思います。店の雰囲気、店主の料理中の真剣な眼差し、無駄の無い動きを見ていて期待が持てましたが、味は期待以上でした、具のチャーシュー、レモンは変則的に感じましたが、適度な粘度のあんと具、麺の絡みは絶妙、しめじ、エビ、豚肉、キクラゲ、インゲン等の具の程よく火が通り、旨味、食感の波状攻撃をくらいます。この店を気に入った僕は数日後にスーラータンメンを注文しました。その模様は近日中にナンバーズビジョンのラーメンコーナーにて報告予定です。3軒目は、ぐっと大衆的に棒二デパート食堂の海鮮中華です。ここは麺類(蕎麦、ラーメン)の評判が良く、デパートの食堂だといって侮れないといいます。幼少の頃、母親と来て以来の訪問です。さて味ですが、100点満点の80点以上だと思います。80点を合格点と定義すると、100点満点を目指しながら、完成への途中段階の80点と、万人向けに100点満点の力で80点を目指した80点の2通りあると思いますがこの店は後者でしょう。薄めの味付けなので、少し、お酢で味を調整すると海鮮の具の旨味が増した感じです。次は協会病院食堂ラベンダー。病院の食堂も侮れません、醤油味ベースのあんは本格的。こげ目の付いた麺も美味しいです。具の炒めかたが足りない気もしましたが、病院らしく、油を控えめなのかもしれません。棒二食堂同様に大衆的な仕上がりでした。最後は塩ラーメンがおいしすぎる店、昭和苑から。焼き長崎チャンポン的な一品はやはりラーメン同様に旨かったです。写真の通り、特別に凝っているわけではないのですが、火の通り具合、麺の茹で、炒め具合、とろみ、コクのあるあんを食べていると、いまさらながら、料理は火加減、湯で加減で味が変わることを再確認しました。今回の第5弾は大衆的な食堂と個人技が生きたあんかけを特集しましたが、これほど、店主の腕、センスが出る料理もあまり無いと思います。野菜、豚肉と栄養のある具が豊富に取れるのもうれしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あんかけ大好き
2008年05月24日 22:11
本当に美味いって思うあんかけの店紹介して下さい。それと店の評価もきっちりして欲しいと思います。
在函館少年
2008年05月24日 23:10
あんかけ大好き様、懇切丁寧なコメント、誠にありがとうございました。黄河はまだ、行ったことがないので楽しみです。

この記事へのトラックバック