まんまるてい⑦ まるとく醤油

画像


近の函館のラーメンは、味はそこそこまとまってるが、店主の個性や顔が見えて来ない店が多いよな。猫も杓子もコッテリ系。それも悪く無いが、俺を唸らせ、心に沁み入る一杯を食わせてくれよ。まんまるていも開店5周年だってな。最近は開店しても1、2年で潰れる店もあるが、5年もやっていってるってのは大したもんだぜ。今回はまるとく醤油(750円 通常醤油+チャーシュー1枚+味玉)を食ったが、やっぱいい味だしてるな。地鶏と魚介のダブルスープと和歌山産醤油のタレはなつかしさと斬新さで頭が心地いい混乱を起こすぜ。自家製麺も相変わらずいいな。春夏秋冬いつも高いレベルで旨い麺を出せるなんて、本当に勉強してるよ。ここで食う時は心して喰おうって思うぜ

P.S お馴染み、ガチンコ親父 佐野実ヴァージョンコメントでした。まんまるていの店主が一番、インスパイアされたのは佐野さんの支那そばやだそうです。まんまる店主曰く、「別世界の人」とのこと。下の画像は、ボクが1月に新横浜ラーメン博物館で食べた支那そばや 醤油の画像です。じっくりと旨かったです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

吉田ゆうま
2009年03月27日 10:56
一番オススメのラーメン屋1つ上げてください!食べに行きたいです(^O^)
在函館少年
2009年03月27日 22:05
1つはムズカシイです。でも醤油はこのまんまるていかな

この記事へのトラックバック