まんまるてい⑧ ワンタン麺

画像


日、まんまるていに行った時に、常連さん限定ってことで、特製ワンタンのサービス券をもらっていたんで、早速、行ってきたぜ。何でも、開店5周年記念ってことらしいが、常連客に限定サービスなんて、もらうほうは嬉しいよな。鬼の目にも涙だぜ。醤油で注文したが、具の竹の子が復活してるじゃねえか。時期的に今が旬だけあって、歯ごたえとみずみずしさに感動だ。麺とスープはいつも言っているが、比内地鶏と魚介から丁寧にとったスープと北海道小麦だけで作った自家製麺との絡みは、レベル的に全国区だな。そして、ワンタンだが皮にコシがあり、挽肉の風味が生かされていて、何よりもスープの繊細さを壊さずに調和されている。これは、早速、メニュー化するべきだぜ。今は函館ラーメン界もどんどんラーメン屋がオープンして、コッテリ系や炙り系などが台等しているが、まんまるていのように足し算ではなく、引き算+αの一杯は凄く、貴重な気がするよ。これからも期待しているぜ。

P.S まんまるていは先日、有名老舗ブログ jov`s house にて紹介され、最高評価の五つ星を獲得しました。(記事は こちらへ)
今回の醤油ワンタンは、常連限定であり、引き換え券持参の方のみです。常連限定といえば、とある、ラーメン店は、店主が常連や食通が来たときに、秘伝のエキスを数滴入れると聞いたことがあります。僕はその店でまだ入れられた記憶が無いので、常連として認められて無いのカナ20年近くも通ってるのに.....

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

洋梨
2009年04月14日 00:39
「まんまるてい」を紹介する際の独特の言い回しが
すっかりツボです(笑)。

ココ、すごくご近所なのに、未だにデビューしていない(涙)。
M_katte
2009年04月14日 07:01
ボクも同じく、醤油でこのワンタンいただきました。
しっかりと具が詰まっていて美味しかったです。
店主さんには、メニュー化希望伝えています!
吉田ゆうま
2009年04月14日 12:50
俺は寿司が好きなのでまるかつ水産の常連になれるようにがんばります(笑)
marume
2009年04月14日 22:46
はじめまして。いつも美味しそうな記事、楽しく拝見してます。
私もこの店のファンでオープン当初から月イチくらいのペースで通ってます。で、このワンタンですが、おっしゃられるとおりスープによく合ってホントに美味しくいただきました。メニュー化についても聞いてみたのですが、手間が相当にかかるらしく、ちょっと難しいかも、というお話でした。う~ん、毎日が無理なら曜日限定とかでもいいので出してもらいたいものですよね。函館一のワンタン麺かも。
在函館少年
2009年04月14日 23:03
洋梨さん、お久しぶりです。この言い回しは、以前、フライデーで佐野実氏が連載していた「俺が唸ったラーメン」のパクリです。まんまる店主が佐野さんの支那そばやの影響を受けたとのことで思いつきました。是非、まんまるデビューをして、ブログに書いてください。
在函館少年
2009年04月14日 23:07
M_katteさま、コメントありがとうございます。このワンタン麺は、ちょっと高くてもいいので、また食べたいですね。katteさんも常連さんなんですね
在函館少年
2009年04月14日 23:12
ゆうまサマ、あなたはもう既に、寿司の常連です。今度、一緒に、大門の鮨金にでも行こうか!?
在函館少年
2009年04月14日 23:15
marume様、はじめまして。メニュー化は難しいのですか。確かに手間がかかってそうでしたね。函館一のワンタン麺は、大袈裟でないですね。また、遊びに来てください。

この記事へのトラックバック