喜龍の海老チリ定食

画像


今回で喜龍の主要七定食完遂

画像


メイン+なめこ入り卵スープ+ご飯+漬物+杏仁豆腐のセット。

画像


海老チリのソースは辛みは控えめ。それが海老の甘みを殺さず、プリプリ感に集中できるようです。

喜龍店主は、幸珍店主や龍美店主、テトラ鶴龍とウデを磨いた同士。

まるで函館中華界のトキワ荘ですネ。

喜龍店主は点心担当だったとか。そいえばまだ餃子は未食。

今度はラーメン+餃子で行こうかナ。

あ、あんかけも上品で繊細な一皿です。

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

池田市のヒロミツ
2010年10月25日 20:54
関西に住んでいつも食べたく思うのは「あんかけ焼きそば」です。「皿うどん」ではなく、あんかけ焼きそば」なのです。
食べられませんね。まるちゃんからカップの「あんかけ焼きそば」が出ているのですが、関西で入手できるのは大阪・梅田の松尾ジンギスカンが経営している「キタレシピ」でけですね。
在函館少年
2010年10月25日 23:40
大阪にもまつじんがあるんですね。
残念ながら函館末広町のまつじんは9月で撤退してしまいました。
僕的には大阪の皿うどん、凄く食べてみたいですよ。
池田市のヒロミツ
2010年10月26日 21:04
大阪の松ジンは「キタレシピ」という北海道物産館です。そこでは松ジンのお肉は売っていますが、ジンギスカンは食べられません。そうそう、今月一杯位まで「森久美子」さんのそっくりさんの「森くまこ」さんがお手伝いに来ています。皿うどんは油でパリパリにあげた麺の上にあんかけやきそばの餡が乗っている感じです。食べている途中で麺がフニャフニャになってしまいます。
在函館少年
2010年10月27日 02:45
「森くまこ」って「くまぇり」みたいでシュールですね。それも興味アリです。
昔、添乗員のバイトで関西からのツアーの方々のお世話をさせていただいておりましたが、テレビのイメージと違いステキなヒトが多いですね。
皿うどん。多分、そのふにゃふにゃ感もある意味、魅力なのではないでしょうか。
はっち
2010年10月27日 22:42
幸珍×龍鶴×龍美×喜龍 =ぎょくらん
という、難解な“中華”方程式ですね・・・
僕もまだまだ、これからこの難解な方程式を解く作業が残っております。
喜龍さんは一度だけ行ったことがありましたが、やはり薄味でちょっと物足りなく感じたんですよね。。
しかし、あのお店の佇まいは昭和の古きよき時代を感じさせてくれました・・・
ナメコの入ったスープもやさしい味ですね。
近々、再訪してみたいと思っています!
在函館少年
2010年10月27日 22:57
喜龍さんは年配のお客が多いですね。あのみなみちゃんも「喜龍の店主さんはホントに器用だからね」って言ってました。
kot
2013年02月12日 00:34
大変です!
昨日行ったのですが空き店舗になってました。
12月に行った時は体調不良で休業の張り紙があったのですが、、、。
こちらで知って通う様になったのですが
ラーメンも定食も絶品だったのに残念です。
在函館少年
2013年04月17日 20:52
今、ログインしてkotさまのコメントに気が付きました。ゴメンなさい。で、ジブンも先月に行って、貸店舗になっているのに愕然。。ここは穴場だったので再開を願います。

この記事へのトラックバック