愛の貧乏脱出大作戦 みなみちゃんからの伝言

画像


以前、下北沢を訪れたとき、踏切近くのバーらしきお店の入り口に素敵なポスターが。

画像


80年代レッチリの「ソックス・オン・コックス」。

グランジファッションがハマってる、ニルヴァーナのカート・コバーン。

そして左上は。。。

正直、耳にしたことが無いバンド名であったので検索。

「IDIOT SAVAN(イディオサバン)」 心理学用語で「ある特定の分野で優れた才能を示す専門家」

もっと直訳すると「天才バカボン」となるか。

ボク的にこのコトバから連想するのは、岡本太郎氏や山下清氏らの画伯。

ジブンの周囲で考えてみると、

あ、あのヒトが。

とはいえ、料理人といっても料理のウデが評価されたわけでなく、その修業過程でのアティテュードが、

世間の注目を浴びたわけで。

過去に2度、お店を訪ね、その思想や主義を把握出来切れてないことにも心残りであり、

半年ぶりに。

画像


不治の病であるため、正直、元気なのかなって心配もしておりましたが、顔色もよく、なによりも40代後半とは思えない引き締まったカラダ。

毎朝の散歩の賜物でしょうか。

現在は、みなみでの店舗営業の他にもヘルパーさんで生計を立てているとか。

まずは、現在の趣味とのことで、記念硬貨の収集で集めた金貨、銀貨、江戸時代の小銭などを見せてくれました。

画像


時価にして〇▲万になるとのこと。本人曰く「今の人達ってあまりコレクションってしないですね」と。

「夢中になれるものがあるのはいいことです。」とも。

そして、ボクは噂のみなみタン麺(¥600)をオーダー。

画像


画像


画像


調理中は、以前に、店まで来て愛のお説教をしてくれた、みのもんたさんのこと。

みなみちゃんが、以前に世話になったという、函館市大川町の中華 龍美のオーナーのことなどを。

「生きているかぎりは、この仕事は絶対やめない」と語っていたみなみちゃん、イキイキしておりました。

さて、みなみタン麺です。

まず一口。

「え?。。。」

「結構、イケるんじゃねーの」

以前、坦々麺を食べたときは、若干、麺が柔らかかったのですが、今回はツルシコ。

野菜もシャキシャキと炒めており、スープも鶏ガラの旨みが。

決して、アクが浮いているとかはないです。

食べている間、食後もみなみちゃん節は全開。

ロシア語など外国語の修得にはNHK講座が有益であるとの持論を。

個人から習うと、その人の出身地方のなまりで覚えてしまうと。

そして、その習いたい言語の母国の国民性やしぐさなども勉強すべきだと。

と、まさか英語に於ける、マーク・ピーターセン氏のような持論を聞くとは。。。

画像


そして、北方領土問題や終戦の日は8月15日ではなく9月2日の正式調印日であることが国際的な認識であること、日本とドイツの国民性の共通点などを熱く語りました。

それから、友人から届いた手紙を見せてくれました。

その友人とは、愛の貧乏に登場した、宮崎県のラーメン店 元気ラーメンの店主から、

昨年10月の特番のときにも紹介されておりましたが、店主のお子さんが、難病を抱えており、店の休みの日には、ともに旅行へ。なんでも、函館にも興味があるらしく、みなみちゃんは、手紙と自ら撮影した函館の風景を贈っているそうです。

元町や函館山の自然の写真、自由の女神像まで、みなみちゃんの力作がアルバムに。

そして話題は震災に。

自身の出が仙台だとか。それでもみなみちゃんは、「日本人の勤勉さがあれば、絶対にすぐに復旧できるはずだ。」と。

そして、みなみちゃんから被災地へのメッセージが、

画像


普及作業で「人に批判されたりしても、信じたことをやるべきだ。」

そして、大災害の後などにはショックで自殺する人などもいるが、

「自殺は絶対にいけない」と。

と自身も白血病と不治の病で、「覚悟はある」と語っていたみなみちゃんのリアルな言葉でした。

ちょうどその時、「クスリの時間なので失礼」と錠剤を水で飲み干し、笑顔をみせたみなみちゃん。

「孤高のモラリスト」って前に表現しましたが、みなみちゃんは、ロシアの方たちや元気ラーメンの店主らに支えられております。

「凛々しきニヒリスト」のみなみちゃんはいつも前を向いているようです。


見習わなければだな。

*トップの写真は、「中国料理みなみ 特製タオル」 (400円)を紹介するみなみちゃんです。

前回のみなみちゃんレポはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

joy (philjoy)
2011年06月17日 19:42
何十年も前に、山下清展をみました。
画伯のノートもあり、「自分はあまり頭が良くないので、園長の勧めに従って、切り絵をやろうと思う。」ということがかなりしっかりした、旧漢字も混じった文章で書かれていました。自分をかなり客観的に見る力のある方で、「裸の大将」のようなイメージではないなと思いました。

部分的反応ですみません。
在函館少年
2011年06月18日 00:25
山下清=芦屋雁之助という図式が頭の中に浮かんでしまいますが、テレビの中という演出の世界なのかもしれないですね。山下画伯は子供のに患った病気の後遺症で言語障害になったと聞いたことがありますが、程度の問題なのでしょうか。
いずれにせよ、ある人、物事をみるときは、通り一遍ではなく色んな角度から判断せねばなりませんね。

コメントありがとうございました。
にしだこうき
2020年11月05日 03:29
去年迄営業してたようですね。長い間お疲れ様でした!

この記事へのトラックバック