カフェ ル・ココリコのミートソース

まずはお詫びから。昨年の10月に、このブログ在函館少年を無期限更新休止と言っておきながら、 今月2度目の登場となる節操の無さをお詫びいたします 書きたい衝動を抑えられませんでした。 ル・ココリコ。 この店は鱒川に行くたびに通りかかり、気になっていたお店です。 その店名の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まんまるてい⑰ 束の間の復活でした。

去年の夏以来の登場になるな。 オレの公休日が水曜日でまんまるていの定休日と重なっちまい、行きたくてもなかなか行けねえんだよ。 そしてこのブログも昨年の10月28日で更新休止か。 オレの出番ももう無いと思ってたけど、またやっかいになるぜ。 まんまるていのオープンは2003年の12月だったよな。 オレも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「人間活動に専念します。」なんてカッコいいこと言えないですが....

「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います。」 宇多田ヒカルが9日に自身のブログで語ったコトバ。 「一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください。」とも。 ナイナイ岡村、大黒摩季、中島美嘉と活動休止の文字を目にすることが多くなってきてるような気がしま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

未公開ネタ集 桃園の焼きそば 函館都市伝説etc.

10月26日をもって開設3周年を迎えた在函館少年。 一発目の投稿ではボクが弘前公園内にあるグレイシー柔術の創始者 コンデ・コマこと前田光世氏の記念碑の前でファイティングポーズをとるというバカ画像を公開してはじまりました。 そなわけで3年間をふりかえりつつもボツネタ未公開作品をみてゆきましょう。 ・桃園のザアメン(揚げあ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

喜龍の海老チリ定食

今回で喜龍の主要七定食完遂 メイン+なめこ入り卵スープ+ご飯+漬物+杏仁豆腐のセット。 海老チリのソースは辛みは控えめ。それが海老の甘みを殺さず、プリプリ感に集中できるようです。 喜龍店主は、幸珍店主や龍美店主、テトラ鶴龍とウデを磨いた同士。 まるで函館中華界のトキ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

たつみ食堂の生姜焼き定食

以前、「人志松本の○○な話」でアンジャッシュの渡部さんが「豚生姜焼き定食は誰がつくっても旨い」との持論を発表。 そしてそれを証明すべく、あの「日本一まずいラーメン屋」彦龍の大将に作ってもらうことに。 大将は無造作に調味料をぶち込み炒めながらも旨い生姜焼きが完成。 確かにラーメン、蕎麦って「え、ありなの!?」って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京庵の秋の味覚セット

噂の「秋の味覚セット」を注文。週刊誌を読みながら蕎麦を待っていると、ひとりのおばあちゃんが来店。 「お持ち帰りできるかい?」 すると店主は「生の蕎麦ですか?」 「いや、あたたかいものが食べたいんです。」 「出来るものと出来ないものがあるんですよ、とりあえずメニューで選んでください。」 そして店主は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more