満る大の手打ち石臼挽き鴨せいろそば

十割そば、手打ちそばという言葉につられて入店するも、正直言って「こんなもんかなぁ...」ってココロの中でツイートすることも少なくないような気がすることも。 手打ちって聞くと響きはいいけれど、その技術がしっかりしなければボソボソとしたり、長さが不均一このうえなかったり、舌触りが不快だったり、おまけに高くて量がすくなかったりと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワーゲンバスカフェ BE FREEの新作

先日、ツイッターでもつぶやいたのですが、コンビニでコーヒーゼリーを買った時のこと、バイトの兄ちゃんが袋の中にスプーンではなくストローを入れてました ボクも思わず、兄ちゃんに「それ、ストローやん!」と突っ込みました。 でも、イマサラですが泥立地(変換ミス)もといドロリッチやキリンファイヤーコーヒー…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

そば処 みやこ庵

江差へ向かう途中に見慣れない蕎麦屋さん発見。 ホントは厚沢部の某有名店に寄る予定でしたがちょっと気になりUターンして入店。 まずメニューの豊富さと工夫に関心 大食い自慢の人、「集まれー!」(闘莉王のまねをする今野風に。。。) ワンコインそばって嬉しいじゃあーりま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愛の貧乏脱出大作戦 みなみちゃん

10月4日、帰宅後PCで在函館少年のアクセス解析をみるとあるログのアクセス数が急上昇 検索ワードは「愛の貧乏脱出大作戦 みなみ」 「函館 みなみ」 「中華料理 みなみ」 etc. ツイッターをみて判明、テレビ東京系にて「愛の貧乏脱出大作戦SPECIAL」が放映され、その中でみなみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さらしな山田屋

敗北感、徒労感、いや達成感か.... まだキモチの整理がつかないようです。 「湯の里の名物夫婦が営む、かやぶきのそば屋さん」 これは 雑誌HO(2007年9月号)に紹介されたときの、 キャッチコピー。 知内の道の駅から福島方向へ5キロほど。国道228号線から、上記画像の看板に従い道道へ入ると丸太小…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

食堂一徳の塩ラーメンと半チャーハン

タウン情報誌に紹介されているわけではなく、新聞などに広告をだしているわけではない、それでも近隣住民が通い、常連の務め人が集うようなお店こそがリアル函館ラーメンなのかなって思ったりして。 万代町の共栄食堂、大町のまるたか亭を訪れてみて感じたことです。 吉川町の一徳も地に根ざしてるようです。 メニューじゃないです。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

千軒そば

前から気になってましたが初訪問。 この地区は寒暖差が激しく上質のそば粉が採取されるとのこと。 その蕎麦でまちおこしをすべく平成17年にオープン。 店を訪れる前に、知内出身の知り合いにこの店のことを事前調査。 なんでも、まちのおばちゃんたちが自ら手打ちでそばを打っているので、日によって麺の切り具合や太さが違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more