次郎長のしょう油ラーメン

5月に手稲区前田に出店。 その影響もあってか自家製麺もちょっとちじれ具合やかんすいの量も変えたのかな。 現在の麺。 昨年の麺。 以前に親方(次郎長店主)に聞いたのですが、かんすいを少なくすることによって麦本来の香りも引き立つのですが、かんすいの色による黄色い麺を見慣れ、またその匂いに慣れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とん悦のかつ重

久しぶりの在函更新。 ここ最近は ブログ脱力少年にて映画、本、音楽のレビューを中心にアップしておりました。 ジブンが読んだ本、聴いたアルバム、観た映画の感想というか批評を書くということは、 その作品達をフィードバックすることによりその作者の意図を感じ取れる機会と捉えております。 そして他人のレビューをチェ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やぶ新の野菜炒め定食

「女子は外食に非日常、男子は日常を求める」 そんなコトバを聞いたことがあります。けだし名言ですね。 定食屋さんで注文を待っている間にスポーツ新聞読んで料理待ってるなんてまさに男っすよね。 腹が減ってるときって大将のフライパンで野菜を炒めている音が気になってしょうがなかったり。 「♫メシ食わせろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活! エビス軒 

数えきれないほど通った大門 祇園通り。 でも今夜は何故かドキドキ感と緊張感が入り混じる。 一月ほど前に店の入り口に張られた張り紙。「店主緊急入院のため....」 バイタリティとインテリジェンスとユーモア精神を兼ね備えたトラジコミカルな英貴智店主からは「入院」の二文字はイメージわかないですし..... 一週…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

丸京の天ぷらそば

好きなものを最初にいくか楽しみに最後にってハナシ。 ボクは最後に食べる派。 でも天ぷらそばの天ぷらを後にとっておいていつも失敗..... 最初から食べれば衣がサクサクの状態でいただけるのに後にしたがために衣もふやけて海老から離脱。 なんかジブンの人生みたいで虚しかったナ。 ♫どこかじゃな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大国屋のタン麺  9月29日追記

タン麺を食べ終えたボクはマンゾクしつつ会計へ。 630円也。ボクは1000円を店主に差しだす。釣り銭は370円。がどうやら丁度10円硬貨が無いらしい... 困った店主は奥様へ助け舟を。「あなた10円玉が切れてるのに言わなきゃだめでしょっ!」 奥さまはボクに「30円ありませんか?」と ボクは「20円しかない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寿司のマス屋

あぁ、ウマかった このランチは1500円 最後にコーヒーか昆布茶がつきます。 何故か寿司にも造詣のある在函館少年鑑定では2800円してもおかしくないっすネ。 シャリが赤っぽいのは酢に赤酢を使用。通常の酔に比べて必須アミノ酸が豊富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more