テーマ:ラーメン・焼きそば

食堂一徳の塩ラーメンと半チャーハン

タウン情報誌に紹介されているわけではなく、新聞などに広告をだしているわけではない、それでも近隣住民が通い、常連の務め人が集うようなお店こそがリアル函館ラーメンなのかなって思ったりして。 万代町の共栄食堂、大町のまるたか亭を訪れてみて感じたことです。 吉川町の一徳も地に根ざしてるようです。 メニューじゃないです。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

次郎長のしょう油ラーメン

5月に手稲区前田に出店。 その影響もあってか自家製麺もちょっとちじれ具合やかんすいの量も変えたのかな。 現在の麺。 昨年の麺。 以前に親方(次郎長店主)に聞いたのですが、かんすいを少なくすることによって麦本来の香りも引き立つのですが、かんすいの色による黄色い麺を見慣れ、またその匂いに慣れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大国屋のタン麺  9月29日追記

タン麺を食べ終えたボクはマンゾクしつつ会計へ。 630円也。ボクは1000円を店主に差しだす。釣り銭は370円。がどうやら丁度10円硬貨が無いらしい... 困った店主は奥様へ助け舟を。「あなた10円玉が切れてるのに言わなきゃだめでしょっ!」 奥さまはボクに「30円ありませんか?」と ボクは「20円しかない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

未公開特集 札幌四川飯店など

ついアップしそこねてしまったネタを一気に放出 まずはエスタ10Fにある札幌四川飯店。 その店名が示すように陳建民氏直伝のレシピで作る本格中華のお店。 坦々麺と半チャーハンです。 坦々麺はというか四川料理は次の七つの味覚からなるといわれております。、甜(甘さ)・酸(酸っぱい)・麻(山椒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麺屋めんしち

リニューアルしてから初訪問。 入店すると、お馴染み店主さんとエスパー伊東に似たお弟子さんが。 立地、店内は変わっても店名が麺七がめんしちに代わっても店主さんの醸し出す緊張感と優しさは微塵も変わらず。 同店は韓国系ラーメンとして本格キムチをふんだんに使用したチゲラーメンやカレーラーメンが有名ですが、 常連さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マメさんのつけ麺

マメさん、最近つけ麺にチカラを入れているようでGO 製麺工場が隣接しており自家製麺。マメさんがつけ麺って単なるブームへの便乗では許されません。 しょう油味で注文。(800円) 麺は太くコシが強いです。つるつる感も良く、麺目躍如ってとこです。 つけダレは魚介豚骨ベース。イ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

えん楽のえん楽塩ラーメン

えん楽が開業してから4年ほどたつのでしょうか。 当時は函館駅近くにある施設内でのオープン。 ボクは当時、その施設にて広報やHP作成を担当しておりテナントであるえん楽さんのページもアップしてました。 当時、ボクがえん楽さんのラーメンに名付けたキャッチコピーは  四人の想いが凝縮された一杯 これは当時のえん楽開…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

瀬戸内の海鮮やきそば

先日、たい焼き 北菓りに行ったところ、見慣れないお店が。 さぬきうどんとお好み焼きをウリに。 向かって左にはニューウェーブなたい焼き店 北菓り、右にはスタイリッシュな豚丼店 ポルコ。 そして中央には関西系のお店。なんてステキ うどん、焼きそば、お好み....ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コーヒーショップ パンドラのソース焼きそば

このお店は末広町、電車通りに面した好立地ながらもあまり情報量が無く興味がありながらもちょっと二の足を。 それでも現在大好評発刊中のホットペッパーの函館版 F00 Moo(フームー)に紹介されておりWEBでチェック。(こちらへ) 良さ気ですネ。さて早速、入店。やっぱちょっと緊張 扉を開ける瞬間は…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

丸八商店のしょう油ラーメン 半チャーハンセット

今晩はサッカーがありません。今、やべっちFC見ながら書いてます ルーニー、カカ、そしてメッシが無得点.....イタリア、フランスが一次リーグ敗退、そしてブラジル、アルゼンチン敗退、 決定的な審判の誤審とまさかの嵐 守備的な試合が多くつまらないという声も聞きます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マル米のソース焼きそば

ソース焼きそばの魅力に魅せられつつある在函館少年。 以前はジブンで料理をしてました。 岡田製麺の蒸し麺を焦げ目がつくまで炒めて、麺をほぐすときには水ではなく、日本酒やホタテ貝柱で出汁をとったつゆを使用。キャベツ、豚肉、海老、イカを入れてジブン好みに。 あ、ソース焼きそばじゃないかもしれませんけど、S&Bのホンコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大国屋(おおくにや)のソース焼きそば

大国屋の料理はどれもイイ意味で期待を裏切ってくれる感じっすね。 サッカーのシュートに例えると「チュドーン」という弾丸シュート的破壊力的ではないですが、キーパーの動きを読み切ったフリーキック的な「やるな」的な美味しさでしょうか 塩ラーメンは本当にベーシックな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まるきん焼きそば

いつもはツイッターを中心に川淵、岡田批判を繰り返してきた在函館少年ですが、今日くらいは(掌を返したように)喜びを伝えさせてください。 2003年、横浜マリノスが大沼トルナーレにて合宿。監督は岡田武史。 当時のマリノスはドラゴン久保、遠藤彰弘(ヤットの兄)、奥大輔、松田、そして中澤佑二など実力派ぞろい。 岡田さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そば処日本橋のすっぽんらーめん 10月22日追記 すっぽんそば

すっぽんラーメンって気になってました。 漫画 美味しんぼで山岡と雄山がすっぽん対決。確か山岡がうどん、雄山が鍋を。両者ともすっぽんの絶品出汁を活かした逸品でした。 それもありすっぽん出汁に好奇心 数年前に八雲町熊石のなべさん食堂にてすっぽんラーメンを提供していると聞きGO{…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マメさんのイカ醤油ラーメン

ひさびさのめんらあ。 ひさびさのマメさん。 函館ラーメン界の七不思議のひとつ(あと6つはしりませんが......) マメさんの話題になると急にネガティブワードが飛び交うことが多いですよね。 「昔と味がちがう」 「高い」と。 ボクはレベルが高いと感じてます。 確かに塩ラーメンのフノリ入り麺は普通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

餃子の王将 他未公開集

シゴトから帰宅してサンスポ.comで日本代表の結果チェック。 0-2で韓国に敗退。 ま、怒るとかよりも「さすが岡ちゃん」って笑ってしまいます。よく2失点で済んだなと。 岡ちゃん、今からじゃ更迭無理なのかナ  勝ち目の少ない戦(いくさ)ならば、原博美氏のほうが期待もてるのに。 「沈みかけた船の船長は替えられないけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よしかわの肉絲湯麺(ロウスータンメン)

このお店が美味しいとのコメントをいただきさっそくGO. 南茅部地区の臼尻のローソンの横、漁港の入口にあります。 ちょっとした中華屋なみのメニューですね。店主さんはきっと中華が好きなんでしょう やはり、ロウスータンメン(750円)を注文です。(小ライス 漬物付き) お店のひと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

喫茶アートのソース焼きそば

W杯日本代表23人が選出されてから1週間が経ちました。 ちょっと気になるのがW戦士のメディアでの露出の多さです。 確かに今、ブルース(Blues 日本代表)たちの動向や何を考えているのかは気になりますが、必要最低限にして欲しいな。 大事な戦(いくさ)の前に、長谷部と長友がふざけ合う姿なんて見たくないナ オシムさん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大国屋(おおくにや)の香油肉麺(サイユルメン)

結論からいって、特唸りでした。 注文してから店主のシゴトを見てましたが、具を炒める鍋サバキ、しなやかな麺揚げ、旨いという確信が。 店主さんは、無口でおとなしそうながら調理中の集中力はこちらも息をのみこむほど。 登場した一杯は、塩味ベースながらも、炒めた野菜の味がスープと混然一体となり絶品スープに。 香油肉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社(やしろ)のチャッチャしょう油ラーメン

最近、在函館少年をやっていて気付いたコトですが、一般的にメジャー的と思われるお店よりも、秘境的(?)なお店を紹介したときのほうが圧倒的にアクセスが多いです。 ここ最近の例では、共栄食堂やたこやき笑吉のアクセスが札幌の超話題店 オニヒゲロックや函館の老舗蕎麦店 東京庵よりも多いです。 ボク的にも在函館少年は、深夜にさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共栄食堂の半チャーハンラーメンセット

さきほど、函館食遊帳に共栄食堂のことを書きました。 共栄食堂のことは、ボクがリスペクトするブロガーさん じょばんにさんのブログ jov`s house の記事を見て、絶対的な何かを持ち合わせている店との核心を抱き、公休日の今日、GO. それにしてもこの佇まい、もしモヤモヤさまぁ~ずの函館ロケが敢行されたなら、たこ焼き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

えん楽の南京そば

えん楽 このお店には個人的に特別な想いが。 この店がデビューしたのは4年前。場所はクィーンズポートはこだて(以下QP)2F。 QPはボクの古巣。 えん楽は、湯の川ラーメンブギ出店の4店舗が合同で出店。ラーメンは塩味のみ、それも800円と色んな意味で話題に。 当時、QPのホームページを作成していたボクは、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星龍軒のチャーハンセット

星龍軒の店主さんとは共通の知人が多いため、ハナシが長くなってしまいます。 それもあって、混雑する時間帯を避けて、午後3時前後に行くことが多いカナ。 星龍軒さんは、かれこれ18年位のお付き合いでしょうか。 ボクが富士メガネ函館駅前店時代にランチで通ったものです。 当時はまだ観光客が少なく、市役所、JR社員、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニヒゲロックのしょうゆラーメン

やっと行きました。札幌のラーメンブログをみると絶賛の嵐。デフォルトも煮干し系の醤油と聞いてイキたいキモチビンビンでしたが、先日、愛車のメンテで札幌に行きその足で訪問です。 お店は二条市場の近く。市場の近くながらもちょっと古着屋さんでも入っているような雰囲気は、函館でいうとい朝市にアイラヴカフェや豚丼ポロコがあるのに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社(やしろ)の味噌ラーメン

日曜日、仕事終わりの22時40分。後輩のMくんが、「社に行きたいっすね」と。 ラーメンを食べたかったボクも断る理由もなくGO 到着したのは23時近くなのに満席で待ち状態 その人気ぶりはもちろん、これだけの仕込みを毎日していることに{%ビックリ(チカチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

張家口(ちょうかこう)の坦々麺

結構、坦々麺が好きなボクは以前、ラの道というサイトにて坦々麺特集をしてみました。(その① その② ) どの店も店独自の味があり、唸らされましたが、特に唸ったのは七飯の四川(休業中)と張加口の一杯でした。 張家口の一杯は、甜(甘さ)・酸(酸っぱい)・麻(山椒のようにしびれる)・辛(辛い)・苦(ほろ苦さ)・香(香ばしさ)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳴戸屋閉店....

今日、2月22日付の北海道新聞夕刊の地域情報版 みなみ風にてサッカー選手 田島翔選手の記事が。 田島選手といえば、北斗市出身で以前にJFL(3部に相当)のFC琉球に所属。 地元出身のサッカー選手として、ちょっと注目でした。 以前は、JAMに連載をもつなどしておりましたが、最近見掛けないなと思ってたら、今は地元チームで調…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しくうはっくの海老塩ワンタン麺

2002年からほんの数年間の営業ながらも函館のラーメン界に一石を投じたラーメン店 洋食屋さんのらーめんの店主で、今はメガドンキ ジャルディーノでそのテダレ職人ぶりを発揮するKさんが以前、しくうはっくについて、「しょくざいやスープの取り方は本当に熱心でこだわりがある」て絶賛。 一般客はもちろんのこと同業者での評価も高い、ミュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコレートラーメン 「味噌ガーナ」

「元気ですかーっ!」 先日、ボクの職場に芸人のアントキの猪木さんがいらっしゃいました。 奥サマらしき方とプライベイトな雰囲気 プロレス少年であったボクは、ホンモノの猪木さんを試合観戦やトークショー等で見てきておりますが、本当にそっくりでびっくり! たぶん同じDNAなのだろうと意味不明な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more