テーマ:まんまるてい

まんまるてい⑱ 常連限定えび油らあめん モヤさまNO1店も登場!

今年も恒例の常連客限定メニューを開催だってな。 2年前は特製ワンタン、去年はゆず入り麺、今年は自家製エビ油か。 ホント、ここの店主は呆れるほどのラーメンマニアだよな。 函館市にこんな店があって本当にうれしいぜ。 俺も、以前に自家製でエビ油をつくったことがあったんだ。 乾燥した桜エビを、すり鉢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい⑰ 束の間の復活でした。

去年の夏以来の登場になるな。 オレの公休日が水曜日でまんまるていの定休日と重なっちまい、行きたくてもなかなか行けねえんだよ。 そしてこのブログも昨年の10月28日で更新休止か。 オレの出番ももう無いと思ってたけど、またやっかいになるぜ。 まんまるていのオープンは2003年の12月だったよな。 オレも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まんまるてい⑯

今週も先週に引き続き、シフト上の関係で木曜日が公休となり、迷わずにまんまるていの暖簾をくぐらせてもらたぜ。 ざるラーメン(700円)ってのは気になってしょうがなかったんだ。 麺は太麺、細めん、平打ち麺から選ぶことができるんだ、細めんでオーダーだ。 自分で細めんを注文しながら言うのもおかしな話だが、本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい⑮

前回、まんまるていに来たのは3月か。 オレの勤務が水曜公休になってこの店の定休日と重なってしまい行きたくてもいけなかったんだよ。 きょうは、シフトの関係で休みがとれ5カ月ぶりの訪問となったんだ。 ホントに嬉しかったぜ。 まる得醤油(750円)を注文。 あぁ、これだョ....旨み成分が舌先から体内に美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい⑭ かけらあめん塩

ゆず麺は、オレの食べ歩き人生の中でも本当に唸らされたぜ。 この店はオープン当初から食べてきたが、本当にいつ行っても真剣勝負だな。 まんまるていというネーミングは変えたほうがいいくらいの熱気を感じるぜ。 今回はオレのお気に入りのかけらあめんを。塩で行くぜ。 さて、一口。 うぅ~ん、しみじみうめえよ。この透き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい⑬ ゆずつけ麺

丁度、1週間前にまんまるていの常連限定メニューのゆず麺を食わせてもらったが、食材の鬼といわれる俺もやられちまったぜ。 この店の麺は自家製でつるつる感とのど越し、そして麦のピュア感が絶妙だったが、それにゆずの香りが巧妙に効いた麺の完成度には本当に唸っちまった。 この麺は引換券をもらった常連客が原則一杯だったが、あまりの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まんまるてい⑫ ゆずかけ麺

ここまで来たか! 前回行った時に、常連限定ということで特製ゆず麺のチケットをもらっていたんで本当に楽しみにしていたぜ。 今回は麺の旨さを存分に楽しめるように、かけらあめんで頼んだんだ。 お、きたきた。あぁぁあ~胃液が出そうだぜ。 箸で持ち上げた時のするする具合としなやかさ。通常の麺よりも色がちょっと濃いな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まんまるてい⑪

オープンしたのが2003年の12月だったよな。6年も経ったのか。俺も6年前は、まんまるていの近くの職場に勤めていたんだ。あっという間のようで、遠い昔のようで.... まんまるていの歴史は、俺の歴史でもあるよ。オープンした時は、暖簾と店構えを見て、絶対に当たりの店だと確信したぜ。入って大正解。支那そばやの一杯をさらにまろやか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい⑩ つけ麺特集

函館では、つけ麺って中々、浸透しないそうだな。結構な有名人気店でも、1日に数杯しかでないそうだ。それは、やはり、つけ麺に対する、ホンキ度が足りないんじゃないかって気もする。つけ麺が発展することは、ラーメン自体にクオリティが上がる好循環でもあるんだ。 つけ麺は、麺自体が旨くなければ、話になんねえ。麺の質が向上する→小麦、かん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるていの冷やしつけ麺

季節限定のつけ麺か。自家製の麺の良さが際立っているな。最近は、つけ麺もすっかり一般化して、麺を扱う業者、店共々、麺のあり方を真摯に考えるいい機会になり、嬉しい傾向でもあるんだ。つけ麺の場合、シコシコ感を出すために、強力粉を使うことが多いが、麺の生地の旨さが損なっていることもあるよな。でも、まんまるていの麺はゆで方をやや固めであげ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まんまるてい⑧ ワンタン麺

先日、まんまるていに行った時に、常連さん限定ってことで、特製ワンタンのサービス券をもらっていたんで、早速、行ってきたぜ。何でも、開店5周年記念ってことらしいが、常連客に限定サービスなんて、もらうほうは嬉しいよな。鬼の目にも涙だぜ。醤油で注文したが、具の竹の子が復活してるじゃねえか。時期的に今が旬だけあって、歯ごたえとみずみずしさ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

まんまるてい⑦ まるとく醤油

最近の函館のラーメンは、味はそこそこまとまってるが、店主の個性や顔が見えて来ない店が多いよな。猫も杓子もコッテリ系。それも悪く無いが、俺を唸らせ、心に沁み入る一杯を食わせてくれよ。まんまるていも開店5周年だってな。最近は開店しても1、2年で潰れる店もあるが、5年もやっていってるってのは大したもんだぜ。今回はまるとく醤油(750円…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まんまるてい かけらあめん

このシンプルさは、潔いいな。麺とスープとネギだけか。ここまで単純な構成のラーメンはあまり無いよな。見た目美しくていいよ。まんまるていのラーメンを食うのも、昨年の8月以来だが、スッキリしながらコクがあるスープは相変わらずいい味だ。麺はやや硬めにゆで上げているな。最近のラーメンファンは、硬めの麺を好む傾向にあるが、この優しい味わいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい 別味しょう油

うーん、このピリ辛い具合はクセになりそうだな。この店の通常の醤油は、関東風のやさしい味わいだが、こういう変化球的な一杯もハイレベルに仕上げてくるとは驚いたぜ。この一杯はつけ麺用のタレと麺を使っているようだが、その迫力が活きているぜ。恐らく、このスープにはラー油を2,3滴たらすと、もっと個性的でインパクトが出るんじゃないかな。本来…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まんまるてい 塩

おっ!この味は...!! 前に塩を食った時は、良く言えば上品だが、ちょっと物足りなさも感じたんだが、今日の感じはインパクトすら感じたぞ。それも、スープはタレや香味油に頼らず、ダシの鶏がら、昆布を際立たせているな。これも自家製麺の小麦、かん水のバランスがいいからできることなんだ。麺から出る、でんぷん質はスープの味に悪影響を与えるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい 味噌

店の暖簾に書かれている、『やってます』の言葉はこの店らしく、謙虚でいいよな。ラーメンってのは、味はもちろんだが、こういった期待感をあおる演出ってのも大切なんだ。この店には何度か来ているが、初めて味噌を注文したよ。実はラーメンで味噌ってのは、かなり難しいんだ。何故かってか?それは味噌自体が既にウマいからなんだ。これでどう個性を出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんまるてい つけ麺

麺はつけ麺としては、細めだがそれが功を奏してツルツル感、喉越しが良く感じられていい。麺にトッピングが無いのもきっと自信があるんだろう。この麺は北海道産の小麦らしいが、歯ごたえもプリプリして、塩気、酸味が効いたつゆにあっているよ。最近はつけ麺がブームで函館でも提供する店も増えて来ているが、この店の店主は麺を分かっているぜ。自家製麺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のラー始めは まんまるてい

もうオープンから4年も経つのか。最初は変わった名前のラーメン屋が出来たと思ったぜ。ところが、食べてみると、シンプルながら奥が深い味わいに思わず唸っちまった。支那そばやの醤油のような繊細で丁寧な一杯だが、函館では東京風ラーメンが受け入れがたいだけにちょっと不安も残っていたんだ。実際、しお家も最初は東京ラーメンめん吉としてオープンし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more