テーマ:中華 喜龍

喜龍の海老チリ定食

今回で喜龍の主要七定食完遂 メイン+なめこ入り卵スープ+ご飯+漬物+杏仁豆腐のセット。 海老チリのソースは辛みは控えめ。それが海老の甘みを殺さず、プリプリ感に集中できるようです。 喜龍店主は、幸珍店主や龍美店主、テトラ鶴龍とウデを磨いた同士。 まるで函館中華界のトキ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

喜龍の鳥ラーメン

鳥ラーメンと聞いて思い出すのは、ジブンが在弘前時代に食べた比内鶏専門店でいただいた一杯。 ラーメン専門店ではなかったのですが、コクとまろやかさが同居したスープに鶏チャーシューが絶品でした。 麺がちょっと加水率が高く、かんすいがややきつかったのが減点でしたが そのほかに鳥系といえば、ススキノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜龍の酢豚定食

ジブンのweb上の活動もすっかりとツイッターがメインとなり、放置プレイにさらされていた在函館少年ですが1週間ぶりに放置解禁 在函でもすっかりおなじみの喜龍です酢豚です 先日、音楽番組(music loversだったカナ?)を見てたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜龍のソース焼きそば

もしまとまった休暇がとれたならばやってみたいこと。 Jリーグ ジュビロ磐田の試合をサポーターとして全国観戦  ニッポン横断 ソース焼きそばの旅 大阪にてオムそば、肉カス入りの名店巡り。 200店を超えるやき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

喜龍のマーボー豆腐定食

この店って通えば通うほど味が出る味がイイ店ですネ RのG出身らしく上品な仕上げは飽きが気ません。 同じくRのG出身の幸珍のNさんは比較的、分かりやすい味付けですよね。 これは優劣ではなく個性でしょう。 喜龍の店主が山川豊であれば幸珍のN店主は鳥羽一郎ってとこですかね。 対極な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜龍のカニ玉定食

幸珍、テトラ龍鶴、龍美と同門の喜楽。 お手頃本格中華ですね。カニ玉定食も800円。 メイン皿、ご飯、卵スープ、おしんこ、杏仁豆腐がついております。 カニ玉、旨いなぁ 柔らかい卵焼きがスープと一体化 マーボ豆腐+ごはんに負けない相性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜龍の回鍋肉(ホイコーロー)定食

いよいよですね。 南アフリカW杯サッカー日本代表の23人発表。 5月10日、午後2時。でもシゴト中だな W杯代表発表といえば、毎回ドラマが。 1998年の三浦カズ、2002年の俊輔、2006年のドラゴン久保。 個人的には、W杯ではないですが、2004年の鈴木啓太のアテネ五輪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜龍のレバニラ炒め

レバニラといって思い浮かぶのは、バカボンパパと相武紗季がでてたパイロットのCM。 このCMのなかでレバニラ定食しか選べない食堂で、「選べないのがイヤ」と。オンナの子は選びたいそうデス♥ と、レバニラがいいイメージで捉えれててない(???)CMですが、最近は鉄分が豊富に摂取できるレバニラは女性の間でも人気だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中華料理 喜龍の鶏肉甘酢あんかけ定食

このお店は2年ぶり位でしょうか。(過去にっきはこちらへ) いい意味で敷居が低くリーズナブルながらも味は本格派の嬉しいお店です。 久々訪問の今回は、鶏肉甘酢あんかけ定食。 いやぁ、これだけ美味しく仕上がると、調理された鶏も鶏冥利に尽きる(?)でしょう。 やさしい甘みと酢の適度な加減,パリっとした皮に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庶民的な中華の美味しいお店  喜龍

地域密着型の中華料理店の喜龍はセットメニューがおススメです。写真のレバニラ定食、マーボー豆腐定食で750円。写真下のホイコーロー定食は850円です。基本はメインメニューとご飯、漬物、玉子スープ、杏仁豆腐が付きます。どの料理も中華中華せず、油っこくなく控えめな味付け、それでも5品目もあるメニューのためか、満足感は高いです。杏仁豆腐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more