テーマ:スポーツ

川崎フロンターレ大沼トルナーレ合宿

今年も来てくれました。歓迎の横断幕も毎年、新しいものです。「大沼でお帰り」って本当にお帰りなさいです。 ちょっと例えとしてニュアンスがあってるかどうかですが、2002年日韓ワールドカップの時に、旧中津江村に当時のカメルーン代表がキャンプ。到着遅れが話題になりましたね。深夜の3時頃の到着に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三沢光晴への想い②

三沢光晴さんが他界してから、数日、経ちますが、その喪失感、マット界への影響は、日毎に、大きくなっているようです。 特に、気にかかるのは、最後の対戦相手であり、バックドロップを仕掛けた相手、斎藤彰俊選手の件です。事故、翌日の試合では、試合後、遺影に向かい、マットに手をついて号泣。その責任と重圧から自殺を考えたとの記事が。三沢夫人も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三沢光晴への想い

今、うるぐすの三沢追悼特集を見ながら、書いております。 ボクも、以前は、格闘技、プロレスファンでして、東京ドーム、武道館、後楽園ホール、札幌中島体育センター.....と連休をとっては、観戦の日々でした。 三沢は、若手時代から観てきております。レスリング出身で、本格的なグラウンド裁き、精悍なマスク、引きしまった肉体と、デビュー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

三沢光晴.........

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、そして、三沢光晴.......どうして   あなたのエルボーは、忘れない p.s のあさん ありがとうございます
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Wカップ出場決定!!!

本当に、困難な試合でした。 岡田さん、おめでとうございます。サッカー仲間が集まると、「岡ちゃんじゃ、無理だよなー」なんて、ことを言っていた、自分に反省です。 まだまだ、不満もありましたが、今までの代表に無い、粘りを感じます。 W杯ベスト4 夢で終わらせないで欲しいです。 とりあえず、安心しました。 南アフリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎フロンターレ 大沼トルナーレ合宿

今年で、5年目になる、川崎フロンターレ大沼トルナーレ合宿。ボクも5年連続で見学させてもらってます。昨年は、病気を患い、辞任した、関塚監督も復帰。そのカン高い声が、大沼の大自然に響きわたります。代表の中村憲剛、キーパーの川島、北朝鮮代表のチョンテセは、W杯予選のため、不参加ですが、代表歴のある、DF寺田やMF山岸、北京五輪代表のM…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

EURO2008 スペインVSロシア

昨日、ボクの職場の先輩がEURO2008の観戦から帰国。写真左はお土産にもらった記念Tシャツです。写真右はその先輩から2年前、ドイツワールドカップのお土産にもらったTシャツです。EUROといえば、今日の深夜というより早朝にスペイン-ロシア戦がキックオフ。名将ヒディングサッカーが浸透した、走るロシア。総合力では、スペイン有利でしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎フロンターレキャンプ  大沼プリンスパン工房

休日の今日、大沼トルナーレに川崎フロンターレのキャンプ見学に行ってきました。その模様はハコダテ150にも、紹介しております。写真はチューブを使ったランニング練習にて、チューブが外れてコケテしまい、その後、笑いに包まれている光景です。緊張と緩和です。間違えて入ってしまった、関係者以外立ち入り禁止の場所でほぼ目の前で練習を見せていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川崎フロンターレ 関塚監督辞任

Jリーグ 川崎フロンターレの関塚監督が体調不良のため、辞任との報道が。川崎フロンターレといえば、2005、2006、2007年と3年連続で大沼のトルナーレにて合宿を敢行。Jリーグ好きのボクも3年連続で見学に。そこでの関塚監督は厳しいながらも的確な指示で、選手の個性、特性を生かした指導。なにより休憩中になると選手と楽しそうにふざけ合う姿が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幡龍のランチ

川崎フロンターレのブラジル人フォワード ジュニーニュが日本への帰化を申請中との報道が。メディアははやくも『決定力不足に泣く、日本代表の救世主なるか』との見出しであおっております。川崎フロンターレといえば2005、2006、2007年と3年連続で大沼のトルナーレで夏季キャンプを実施。(2004年は浦和レッズと横浜マリノスが)Jリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANY~高原直泰

2002年、日韓ワールドカップ代表メンバー確実と言われながら、エコノミークラス症候群を発症し代表落選。当時、インタビューで彼は『自分のことより家族の受けたショックを考えるとやりきれない』とコメントしておりました。母親が看護婦ということもあり勤務体制もまちまち、少年時代からサッカーで名を馳せた彼の試合をほとんど応援に行ったことはないそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜庭VS船木観戦記  格闘技・プロレス論

昨年の10月26日に開設した、当ブログ在函館少年。HPのナンバーズビジョン同様、せっせと更新頑張ります。本年もよろしくお願いいたします。さて、大晦日の格闘イベント ダイナマイト。そこで実現した桜庭VS船木。結果は1R 6分25秒、チキンウィングアームロックで桜庭の勝ち、圧勝といって良いでしょう。船木の7年間のブランクによる試合感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグと日本代表

本日、今季のJ1、J2のリーグ戦が終了しました。横浜FCが浦和を下し、鹿島が逆転優勝。レッズはアジアを制するも、リーグ、ナビスコ、天皇杯とまさかの国内タイトルを全て逃すという波乱の結末に。J2はコンサが優勝で6季ぶりのJ1復帰と、赤いユニホームのクラブチームが上位争いを演じたシーズンでした。残念ながらJ2に降格した甲府ですが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日 ダイナマイト  桜庭VS船木決定!

グレイシーハンターと呼ばれ、総合格闘技界を牽引してきた桜庭とパンクラスの創設者でありながら、ヒクソン・グレイシーに破れ引退した船木が大晦日のダイナマイトで激突いたします。UWF系出身、同世代ながらほとんど接点が無いだけに大物同士の対戦は興味深いとはいえ、ワクワク感がいまひとつ湧いてきません。なぜ、田村VS桜庭ではないのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more