テーマ:寿司

寿司のマス屋

あぁ、ウマかった このランチは1500円 最後にコーヒーか昆布茶がつきます。 何故か寿司にも造詣のある在函館少年鑑定では2800円してもおかしくないっすネ。 シャリが赤っぽいのは酢に赤酢を使用。通常の酔に比べて必須アミノ酸が豊富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お持ち帰り寿司 和

趣味であるロト&ナンバーズの当選チェックしてたとこプチ当選数本ありました。約2万8千円也(情けねっ) それでも車検の足しになりました。そして久々に寿司を。 実は麺よりも寿司にうるさいかもしれない在函館少年オススメ寿司は和です。 いつもその握りのスキルに唸らされるのですが今日のはいつに増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お持ち帰り寿司 和(かず)の「祝い寿司」

フリーペーパー 青いポストにて和の紹介記事が、それを見てちょっとショック 4月から定休日が水から月に変更になるとのこと。月曜が公休日のジブンにとって利用できなくなってしまう それならば行かねばと思い夕方GO 今、青いポストと和の共同企画で、「祝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回転すし マルコポーロ と すしおんど

数日前から右の奥歯が時々ジンジンと痛み、そして止みとそれの繰り返し。 今日の午後、運転中に耐えられないくらいの激痛が襲い、歯科医院の看板を探しまくり。 そして駒場町の歯医者さんを発見。この時ほど、赤信号が長く感じたことはありませんでした。 幸いにも空いている時間帯ですぐに診察。 診断によると右奥歯は親知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お持ち帰り寿司 和のバッテラ

久々登場! お持ち帰り寿司 和 です。本格的な寿司が回転以下の値段で楽しめるということもあり、クチコミで一気に人気店に。 ここの寿司の美味しさの秘密は、ネタの新鮮さはもちろんですが、独自にブレンドされた合わせ酢とシャリの炊きあがり方、そして店主Iさんの握り技術にあるとみました。 11貫 1300円の蘭。普通の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転寿司特集 PART5

久々の回転寿司特集。 まずは、札幌市から根室 花まる 南郷店です。(画像上) ステラプレイス店は、数回、利用しております。いつも、感じることは、寿司の美味しさは勿論のこと、握り手の連携の良さ、接客態度の爽やかさ、と社員教育が徹底されていると感じました。 当日にいただいた、青そいは希少な魚。黒ぞいよりも上品な感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

しゃりパティシエ

8月の中盤は東京へ出張していたこともあり、公開しそびれたネタがあるので、少しづづ紹介。 しゃりパティシエさんの登場です。 湯の川の幸寿司さんのプロデュースとのこと。 お店は、パン屋さんのようなキュートな外観。内装もちょっとアート感が感じられるシャレた空間。 高橋幸宏なんかをBGMにしたらもっとステキになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お持ち帰り寿司 和(かず)

先日、ハコダテ150にて、お持ち帰り寿司 和(かず)を紹介しました。 この店は、寿司業界関係者にとって、結構、衝撃のようです。大袈裟に言えば、寿司ビジネスの変革となるかも。まずは、その価格設定。これは、寿司に限ったことでは無いのですが、一般的にフードビジネスの収益は、原価3割、利益7割といわれております。これが、人件費(当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お持ち帰り寿司 和(かず)

今、函館の寿司業界で話題沸騰中の、お持ち帰り寿司 和(かず)。 行こう、行こうと思っていましたが、今日、職場で上司が差し入れで持ってきてくれました。 職場のスタッフでいただきましたが、絶賛、絶賛! なにより、シャリの酢加減や食感が絶妙でした。やはり、I店主はテダレです。 ちなみに、今日の函館新聞でも紹介さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転寿司特集 PART4

回転寿司特集も第4弾に突入。B級グルメブームと言われる昨今ですが、回転寿司も本格派店と一皿が100円を切ってしまうお店が登場するなど、多様化の一途をたどっております。まずは、函館から北々亭。ワカサフーズのグループです。 ワカサフーズさんは、函館では、美原にブルスタ・オラムーが好評ですが、この北々亭も、市民の胃袋を満足させてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転寿司特集PART3

今回で3回目を迎える回転寿司特集。函館、東京、札幌からセレクトしました。トップバッターは、函館のグルメ系ブログでも好評のマルコポーロから。 この店のウリは、曜日別に一皿3貫サービスがあること。このサービスは、他店ではあまり見ません。というのは、原価率が変わることと、握る手間がかかることが考えられます。でも消費者側としては、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

だるま寿司の500円ランチ

今日は、久々の休日でした。今、風呂からあがり、必殺仕事人を見ながら記事を書いてマス。さっき、書店で2009年度版のJリーグ名鑑を購入しました。サッカーファンは元旦の天皇杯決勝で新年を迎え、欧州チャンピオンズリーグの決勝T開幕と選手名鑑の発売で春の気配を感じます。名鑑をざっと見ましたが、35歳以上の選手はごく希です。寂しいですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転すし特集PART2

回転すし特集第2段を敢行デス。(第1弾はこちらへ)まずは、函館のフード業界の風雲児的存在、やすけフーズからすしまる花園店です。一皿126円という均一価格ながらも、セントラルキッチン化やネタの工夫などで、値段以上の満足感を与えてくれる市民の見方的なすしまる。 ネタ的には、本格的な寿司屋さんに敵わないですが、ネタの切り方や、皿への盛り方な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転すし特集

久々の特集モノ、今回は回転すしです。今やファミレスを凌ぐと言われるフード産業に成長中の業界。とりわけ、北海道は新鮮な魚が入手しやすい環境から全国の回転すしフリークの評判も高いようです。まずは、すしまる(鍛治店)です。 一皿120円と激安均一価格。さすがに本マグロなどの高級ネタはこの値段でいただけませんが、炙り系や肉系など、素材にひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転すし 函太郎ジュニア サムズ

一皿が110円ということもあり、嬉しい反面、内容に懐疑的なキモチも若干アリで初訪問。結論からいって、マンゾクです。寿司が旨いかどうかは、ネタは勿論、シャリの酢加減、水分にありますが、さすが、函太郎系列です。やや酢加減控え目が米の甘さを引き出しております。ネタの仕込みも良く、人気が出るのも納得です。これで、880円です。これは、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田監督就任記念  回転すし  笑比須

本日の新聞報道にて元日本代表監督、岡田武史氏の就任が12月7日のサッカー常任理事会にて正式決定される見通しとなったとの記事がありました。フランスワールドカップやコンサドーレ時代は発展途上のチームの底上げ、目の前の勝ちよりも2,3年を見越した育成的な役目が強かった感があります。マリノス時代は、久保、アン・ジョンファン、中沢、ユ サ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more