テーマ:福々亭

福々亭の天津飯

ブログをはじめた動機のひとつとしてジブンの文章力や表現力の向上目的があります。 ジブンの書いたにっきを客観的にみるとちょっと「ヒドい」なと。 ジブン的に参考にしているというかいつも楽しませていただいているブログをちょっと紹介。 ・mm(ミリメートル) 音楽、本、映画、政治などを鋭い斜め目線とまっすぐな本音…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福々亭のかけ炒飯

福々亭は店主と奥さまと息子さんの息のあったほがらかな雰囲気のまちの中華屋さんって感じで、渡る世間の幸楽を連想してしまいます(ってなんでや) あんかけ炒飯を注文。 個人的に福々亭のチャーハンはパラっとしていて味付けも控えめで好きですが、やや水分が飛んでる感じがするカナとも感じてました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

福々亭の広東麺

広東麺ってカネボウのカップ麺をたまにいただきますが、お店で注文するのは滅多にありません。 でも人気メニューですよね 昔、田家町の六花でよくウチの父が贔屓にしておりました。 あ、広東麺っていえばボクが小学生の頃に楊夫人(マダムヤン)って高級袋即席麺がありました。コドモながらに、マルち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福々亭の五目チャーハン

まずは、やはりこの話題。 サッカーです チェルシーが4季ぶりの優勝! マンUの連破を阻止、そしてドログバはプレミア得点王!! あ、パソコンの向こうから、「そっちかい」ってブーイングが聞こえたような気が.... 今日のサッカーの話題といえば代表発表ですネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福々亭のかに焼きそば

あんかけ焼きそばを語る上で栄養も重要なキーワードではないでしょうか。 福々亭のあんかけは、ピーマン、ニンジン、タケノコ、白菜、きくらげ。美味しくてカロチン、ビタミンがいただけるなんて嬉しいです。 あんが多めなので焼きラーメン的でもあります。カニ肉を一緒にいただくことによって旨みを倍増。 この店のメニューもすべり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福々亭の味噌ラーメン

このお店も西園同様に、函館らしさを感じさせるクラシカルラーメンですね。 今まで、チャーハン、あんかけ海老やきそば、塩ラーメン、餃子とどれも店主の技がさりげなく伝わってくるようです。 味噌は2度目でした。(600円)あっさりテイストですが、炒められた豊富な野菜がボリュウム感を感じさせ、ひき肉もスープと相性がよく、油感が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福々亭 塩ラーメンと餃子

先日、深夜番組にて(番組名忘れマシタ)ラーメン評論家になるために必要な4つの資質を紹介しておりました。これはラーメン評論家でラーメンとらさんの愛称で知られる大崎裕史氏によるものです。それは、記憶力、胃が強いこと、好き嫌いが無いこと、そして太りにくい体質だそうです。ボクは全部、当てはまりませんです{%トホホw…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福々亭の海老やきそば

今日の北海道新聞朝刊の函館面にも掲載されておりましたが、「はこだて開港150周年記念事業」公式ウェブサイト『ハコダテ150』が開設されました。このサイトでは、ボクも微力ながら参加させていただいております。この事業は、市内の有名ブロガーの方たちのボランティアで運営されてます。『ハコダテ150』では、『在函館少年』よりも食に関して味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more