テーマ:櫓屋

櫓屋のすっぱ辛麺(花火)

公休日デス。起きてからツイッターやってます。 今、フォロワーさんとイイ音楽についてつぶやきあってました W杯中もサッカー好きフォロワーさんと一緒に観戦してるみたいで今までには無い楽しみが ツイッターの使い方は人それぞれでしょうが、ボク的にはそんなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫓屋の中華そば

先日、仕事終わりの午後10時、会社の若手社員(まだteen)3人がラーメンを食べたいと。 それじゃ行くかいなと4人でGO. 22時過ぎまで営業していて、P君やM君が住んでいる北斗市方面ということもあり櫓屋へ。 社(やしろ)大好きM君とYちゃんは味噌、札幌の人気店を食べつくしているP君は黒そば、そして餃子を。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

櫓屋の味噌ラーメン

寒くなってくると、やっぱしラーメンですね。(といいつつ年中、ラーメンですが...) 櫓屋で、秋に味噌がメニュー化されたと知って、気になってました。 日曜日、仕事帰りにGO. 23時まで営業しているのが嬉しいっすネ 店内のレイアウトが若干、変更されていて、座席が増…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

櫓屋の味噌そば

以前、函館に豚骨ラーメンを根付かせた熊本ラーメンの店 悟李羅の初代店主と話す機会があり、独自のラーメン論を聞かせてもらったことがあります。その時の店主の言葉で印象に残っているのは、「ラーメンもほどほどにしないと、体を壊すよ 」って言葉がリアルでドキッとしたことと、「櫓屋のスープって独特ながら、いい味だしてるね」ってことです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫓屋の中華そば

   鰹と豚骨スープが旨みを競い合う逆輸入の一杯 ここ、数年のラーメン界は魚介、ダブルスープが主流であるが、その流れは函館でも定着したようである。七飯駅前の大勝軒では、市内から多くのお客がその煮干し風味を求め、美原のつるつる亭や、麺屋超人では、魚粉を使った一杯が、食通の間で、話題に。 この、櫓屋(やぐらや)は、栃木県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫓屋 黒そば

今年の5月に幻冬舎から発刊された中村俊輔著『察知力』で俊輔が自分のフリーキックについて、興味深いことを書き綴っております。以下抜粋「フリーキックは僕の趣味であり、特技といった感じ。たとえば、ラーメンが好きな人は美味しいラーメンを求めて、色々と情報を集めたり、遠くまで足を運んだりするはず。僕は美味しいラーメンを探すように、情報を収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫓屋(やぐらや)のつけ麺

GWが終わり、若干ながら自分の時間を取り戻しつつある今日、この頃。少しずつ、在函館少年、ボランティアで参加させていただいている ハコダテ150、そしてHPのナンバーズビジョンと更新にいそしんでおります。さて、今日、紹介するのはカツオ出汁が旨い実力店、櫓屋のつけ麺です。今年からつけ麺用の麺を極太タイプにチェンジ。これが功を奏して、自慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫓屋の海老ワンタンそば

栃木県宇都宮市でラー通の高い評価を受け、2005年12月、北斗市に逆輸入店として開店した櫓屋(ヤグラヤ)。カツオの旨み成分であるイノシン酸が鶏がら、豚骨、野菜のダシと見事な競演を果たし、函館人の味覚も刺激した同店の一杯はセンセーショナルでした。この店は創作意欲も旺盛で新作も続々、個人的にはつけ麺もお勧めです。今回は海老ワンタンそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more