テーマ:サブカル

緊急更新 達磨大使語録 DF松田直樹へ

正直言うと、更新する予定というか準備は無かったのですが、 状況は、変わってきました。 元日本代表、J史上最高のDF 松田直樹が.... ジュビロサポのジブンですが、所属チームは関係ないです。 Jや代表を見続けて、マツからどれだけのモノを貰ったか。 今回は、マツの回復を祈って更新します。 画像上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他諸々②

1回の更新で可能な文字制限を超えてしまったようなので、新たなページやねん。 次は、コーヒーショップで一服 函館グルメを紹介する観光誌などに目を通すと、西部地区のアンティークな造りのお店がお洒落な感じで紹介されたりと、 でも、ちょっと待ってってキモチも。 住宅街やオフィス街のお店では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛の貧乏脱出大作戦 みなみちゃんからの伝言

以前、下北沢を訪れたとき、踏切近くのバーらしきお店の入り口に素敵なポスターが。 80年代レッチリの「ソックス・オン・コックス」。 グランジファッションがハマってる、ニルヴァーナのカート・コバーン。 そして左上は。。。 正直、耳にしたことが無いバンド名であったので検索。 「IDIOT SAVA…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

函館パワースポット&ちんさむロードを探せ! 

更新休止宣言から4カ月近くが経ちます。 今、考えてるコトはボクの管理するブログの在函、脱力少年、検眼魂、そしてサーバー容量が満タンになり事実上、更新終了しているHPナンバーズビジョンを統合しよっかなと。 当初は、ジャンルというかテーマが異なるモノを一緒にやると焦点がぼやけるかなんて思ってましたが、 ま、同じヤツがやって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

愛の貧乏脱出大作戦 みなみちゃん

10月4日、帰宅後PCで在函館少年のアクセス解析をみるとあるログのアクセス数が急上昇 検索ワードは「愛の貧乏脱出大作戦 みなみ」 「函館 みなみ」 「中華料理 みなみ」 etc. ツイッターをみて判明、テレビ東京系にて「愛の貧乏脱出大作戦SPECIAL」が放映され、その中でみなみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

VOW 在函館少年編

先日、書店で雑誌 宝島を立ち読み。人気コーナー VOW(バウ)が復活してたんですね VOWとは、街で見つけたヘンなもの(看板・道路標識の誤字や変わった名前の会社・店等)をオモロイ観点から取り上げたサブカルコーナー。 2005年9月時点で、VOWの単行本の発行部数は累計850万部。今年で20年の歴史を誇る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近田春夫さんと

今日の午後、ボクの職場での出来事。 どこかで、見覚えのある中年男性のお客様が。。。 「まさか、近田春夫さん? !」 でも、まさか、そんな大物ミュージシャンがここにいるはずも無いだろう..... 自然体でいて、さりげなく着崩しているシャレた感じ。  「普通のオヤジではないゾ」 丁度、有線で流れていた、奥…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

報告デス

明日、というか、今日の夕方、2週間の六本木勤務を終え、在函館少年に戻ります。 今の気持ちは、なんか複雑ってとこです。 1日、約17時間労働、平均睡眠時間、3時間半という、現代のアウシュビッツと呼ばせて欲しいような、環境から、開放される、安堵のキモチと、 社会人として、一人の男として、周囲の期待に応えられなかった、悔しさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マネーの虎 南原竜樹

マネーの虎といえば、函館にもフランチャイズ店があった、生活倉庫の社長である、堀の内氏や函館出身の小林敬氏、なぜか、美空ひばりの息子なども出演でした。 あまり、TVっこではない、ボクですが、同番組は興味深くチェックしておりました。 そんななか、今日、いや昨日のこと、ぼくの職場にマネーの虎にでていた、オートトレーディング社長の南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリスク オレンジ

六本木勤務(help??)になって、九日が、経過しました。 今日は、いつもより、早く、仕事が終わり、今、ホテルに到着です。 職場は、函館組と東京組で構成されたメンバーです。 東京組が、昼食後、フリスクの話で盛り上がっておりました。 そこで、ボクが、新発売のオレンジをメンバーにあげると、東京組から、驚きの声が、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八田ケンヂ 「パンク歌手と呼ばれて」

最近、!したことですが、函館開港150周年記念事業イベントの一環として、開催される、音楽イベント 函館音波(2009.8.15 緑の島にて)の出演予定アーティストのバンド サヨコオトナラ って、あのゼルダのVOのサヨコのユニットなんですね。もうひとつ、驚いたことに、ギターは、元じゃがたらのOTO! ゼルダの1985年に発表された…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パワーストーン浄化

昨年の9月から、音楽、車、アート、本を中心としたブログ 脱力少年というのをやってますが、特に反響が多いのがロト6とナンバーズ4予想のコーナーです。ナンバーズ予想コーナーに関しては、ボクの予想の師匠である、写真週刊誌FLASHでお馴染みの予想達人 遠藤さんからコメントをいただくなど、嬉しくも『当てなければ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未公開ネタ集⑧ 花畑牧場の生キャラメル

久々の在函更新です。公開そびれた記事を発表する未公開ネタ集もPART8。まずは、今年の2月上旬にホテルラビスタベイで企画していた「デジタル掛け軸(DK)」。これは、デジタルアーチストの長谷川章氏による、空間アートで、寺院や建物に映像を投射する新感覚芸術。北海道初ということもあり、期待感一杯でした。ボクもラビスタの定例会議でこの情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどう眼科は快適空間

最近、メガネでもコンタクトでも遠くがかすみ、また右目の瞼のけいれんがあり、心配になり、眼科を受診しました。今回、受診したのは、昨年の11月、七飯に開院したくどう眼科クリニックさんです。数ある眼科の中でこの眼科へ行くことに決めた理由はなんといっても、建築設計を二本柳慶一建築研究所が請け負っているからです。二本柳氏とボクとの関係はク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛車プントがオーバーホール

くどう眼科に受診後、その足で、北斗市開発にある、修理工場へ。昨日、仕事帰りにオートマ(CVT)異常の警告灯が点滅。運転に影響してないようですが、心配なので見てもらうことに。2年前に当時の愛猫(車)、プジョー206のミッションがイカレテ、部品取り寄せと日数に約4か月。費用に約42万円もかかった苦い過去が頭よよぎりました。が今回は、オイル交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜の豊川町

今、格闘技ダイナマイトで田村VS桜庭を見終えたところです。ちょっと実現の時期が遅すぎた感も否めませんが、一見、地味ながら力の入った攻防はこの世界で2人にしか作れない空間でした。来年の格闘技界は柔道金メダリストの石井慧を中心にまわっていくでしょう。強い日本人が見たいです。さて、画像ですが、これは深夜3時ごろの豊川町の画像です。大晦…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小室ネタ

小室哲哉逮捕のニュースにて、小室氏の経歴紹介で渡辺美里の「マイレボリューション」を紹介しておりましたが、それを見て思い出しました。それはボクが中学生の時に聴いていた深夜放送、「渡辺美里のスーパーギャング」という番組がありました。これは火曜深夜1時から3時と、丁度、オールナイトニッポンの裏番組です。確か、その番組でハガキを読まれたかなんか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログ1周年記念 カバーアルバム特集

昨日の在函館少年で、予告したように名物企画(!?)を復活させます。カバーアルバム特集。今回は、昨年の10月に発表された「ユニコーン・トリュビュート」と「奥田民生・カバーズ」の2枚です。両アルバムともに、参加アーティストが凄いです。「ユニトリ」はスカパラ、モン8、ケミストリー、吉井和哉、宮沢和史.....「民カバ」は木村カエラ、斉藤和義、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在函館少年 1歳になりました 

2007年10月26日、ブログ 在函館少年がデビューしました。記念すべき1回目の記事は、ボクが弘前公園内にある、グレイシー柔術の創始者 前田光世の記念碑の前でファイティングポーズをとるという実話マッドマックス級のバカ画像からです。(こちらへ)最初は、サッカー、音楽、映画、小説、お笑いなどを中心としたブログにと考えていたのですが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カバー名曲集PART2 スケボーキング復活!!

この在函館少年ではグルメ系の記事以外はあまり反応は無いようですが、懲りずにやります。まずは、4年ぶり復活のスケボーキングから、それも何と大胆にも坂本教授のウラBTTBに収録され、またリゲインのCM曲でも有名なエナジーフローに詞を載せリメイク。スケボーキングのカバーといえば、小田 和正の東京ラヴストーリーをアレンジしたTOKYO LV…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

未公開ネタ集PART5 番外編

今日の道新夕刊の芸能欄にて映画『蛇にピアス』の記事が掲載されておりました。『蛇にピアス』といえば、2004年、綿谷りさ著『蹴りたい背中』と共に、芥川賞を受賞したことが記憶に新しいですね。ボクも勿論、両作品とも読みましたが、『蛇..』はあまりの衝撃に3回続けて読みました。金原さんは山田詠美さんと村上龍氏の影響を受けたとのことですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館都市伝説② 

夏の気配も遠ざかっていきそうな今日、この頃ですが、今回は在函館少年、初めての試み、恐怖スポットを紹介します。函館での恐怖都市伝説として有名な話に、赤墓の話があります。これは、函館山麓の外人墓地に真赤に塗られた墓があり、それを面白半分で観にいったりすると、その帰りになんらかの事故が起きるという話です。{%汗(チカチカ)hdeco%…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バービーボーイズ復活!

本日の北海道新聞の夕刊の芸能面に『バービーボーイズ復活』の記事が。なんでも、8月15-17日のライジングサンでライブを行うとのこと。バービーはボクが10代後半のころ、聴いておりました。当時はパンクやメタルが全盛でしたが、彼らはスタイリッシュなファッションと意味深なリリックで刺激的でした。クィーンズポート勤務時代はノースウェーブの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Kリーグの強豪 スウォン・サムスン大沼トルナーレ合宿

韓国サッカーチームの強豪、水原三星(スウォン・サムスン)が8月5日~12日まで大沼トルナーレ合宿です。8月2日に開催された、日韓サッカーオールスター対決にスウォンから4名も選出されたほどのチーム。この模様はハコダテ150にも掲載しました。ここでは、ちょっと、関心させられたことを一つ。本日は道教育大分校サッカー部との練習試合でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摩周丸プリサーブフラワー展と摩周アイスクリーム

今日、遅ればせながら、リニューアルオープンを遂げた摩周丸の見学に行ってきました。しっかりと、1000円で1年間、何度でも見学できる年間パスポートも作りました。摩周丸はボクが3月31日まで所属していた、クラシックカーミュージアム函館が運営管理をしていたため、摩周スタッフと、よもやま話で盛り上がりました。現在は夏休みということもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒 

昨日、新相棒が来ました。8年間共にした、愛車のプジョー206が先日、故障。修理費用、日数を考えた末、買いかえることに。それが写真のフィアット・プントです。中古車ですが、ワンオーナー、走行距離3.3万キロ、故障歴なしで●十万円でした。今日、帰宅して今、少し初運転。うーん、慣れないですね。プジョーは猫足といわれるだけあってコーナース…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

pe`zmoku活動開始

久々の音楽ネタです。先日は鶴の記事を書きましたが、これも夏にピッタリの1枚です。ストリートジャズバンドのpe`z(ペズ)とスズモクからなる特別ユニットのペズモクのミニアルバム「ギャロップ」です。心地よい刺々しさと疾走感溢れるペズの演奏と若干23歳ながら、存在感のあるVOのスズモクの融合はヤバいっすネ。以前、スカパラが奥田民夫、田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Amanogawa

7月7日といえば、七夕。ボク的に連想するのは、スクープ オン サムバディ(当時 スクープ)の名曲、「Amanogawa」のメロディが胸を突き刺します。切ない曲です。そして、七夕といえば、天の川ですが、上の国町に天の川という河川があります。正式名称は「天野川」なのですが、「天の川」として江差から上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北尾トロ新刊 『もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ』

つい、先ほど、仕事から帰宅。TVをつけると、ガキの使いに板尾が登場です。笑いで少し、疲れが吹っ飛んだ気がします。今、やべっちFCを見ながらボクの管理するサイトのコーナー、ナンバーズ予想のUPと、この記事を書いております。ナンバーズといえば、来月から、TV朝日系列にて反町主演のドラマ『ロト6で3億2千万円当てた男』が放送されます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバーアルバム特集 大澤誉志幸

在函館少年であんかけ焼きそば紹介と並ぶ名物企画、カバー曲特集。今回は、先日もトヨエツばりにちらっと紹介した、大澤誉志幸さんです。カバー曲といっても、大半がセルフカバーです。CONFUSION、そして僕は途方に暮れる、STOP&ギミーラブとボクの10代が蘇って来ます。また、吉川晃司に提供したラヴィアンローズもアダルトかつブラックに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more