テーマ:グルメ

その他諸々②

1回の更新で可能な文字制限を超えてしまったようなので、新たなページやねん。 次は、コーヒーショップで一服 函館グルメを紹介する観光誌などに目を通すと、西部地区のアンティークな造りのお店がお洒落な感じで紹介されたりと、 でも、ちょっと待ってってキモチも。 住宅街やオフィス街のお店では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その他諸々

3月31日以来の更新。 ホントはこのままfade outさせて、そのまま配信停止させようと思ったりもしましたが、 色んなヒトから、復活させてと言われ「また、ヤッてみよっ」て気になったキマグレ気質なジブン。 なわけで約2カ月間、溜めたネタをドッピューンと大放出 まずは、UZIHAN。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よし川のあんかけ焼きそば 他色々

一か月振りの更新。よろです。 今回は南茅部地区臼尻のよし川さん。以前にロースータン麺を紹介しました。(こちらへ) ちょっとハナシを脱線させますが、今、小樽であんかけ焼きそばがアツいそうです。 別にやきそばにかけるあんが熱いというのではなく、マチをあげての推進運動を行ってるとか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カフェ ル・ココリコのミートソース

まずはお詫びから。昨年の10月に、このブログ在函館少年を無期限更新休止と言っておきながら、 今月2度目の登場となる節操の無さをお詫びいたします 書きたい衝動を抑えられませんでした。 ル・ココリコ。 この店は鱒川に行くたびに通りかかり、気になっていたお店です。 その店名の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

未公開ネタ集 桃園の焼きそば 函館都市伝説etc.

10月26日をもって開設3周年を迎えた在函館少年。 一発目の投稿ではボクが弘前公園内にあるグレイシー柔術の創始者 コンデ・コマこと前田光世氏の記念碑の前でファイティングポーズをとるというバカ画像を公開してはじまりました。 そなわけで3年間をふりかえりつつもボツネタ未公開作品をみてゆきましょう。 ・桃園のザアメン(揚げあ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

たつみ食堂の生姜焼き定食

以前、「人志松本の○○な話」でアンジャッシュの渡部さんが「豚生姜焼き定食は誰がつくっても旨い」との持論を発表。 そしてそれを証明すべく、あの「日本一まずいラーメン屋」彦龍の大将に作ってもらうことに。 大将は無造作に調味料をぶち込み炒めながらも旨い生姜焼きが完成。 確かにラーメン、蕎麦って「え、ありなの!?」って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とん悦のかつ重

久しぶりの在函更新。 ここ最近は ブログ脱力少年にて映画、本、音楽のレビューを中心にアップしておりました。 ジブンが読んだ本、聴いたアルバム、観た映画の感想というか批評を書くということは、 その作品達をフィードバックすることによりその作者の意図を感じ取れる機会と捉えております。 そして他人のレビューをチェ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やぶ新の野菜炒め定食

「女子は外食に非日常、男子は日常を求める」 そんなコトバを聞いたことがあります。けだし名言ですね。 定食屋さんで注文を待っている間にスポーツ新聞読んで料理待ってるなんてまさに男っすよね。 腹が減ってるときって大将のフライパンで野菜を炒めている音が気になってしょうがなかったり。 「♫メシ食わせろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八海山 特別純米原酒

ここ最近は蕎麦のあじわいと共に日本酒の旨さにも気づいてしまったかもしれぬ在函館少年。 前回は、八海山しぼりたて原酒 越後で候 を書きましたが今回は純米原酒です。 マスナガ酒店で限定販売です。最近はマスナガ店主とも親しくなり、日本酒初心者の在函館少年としては、色々とレクチャーを受けております
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たつみ食堂のレバニラ炒め定食

2年ぶり。前回は無休営業5000日達成到達の日記念ということもあり塩ラーメン50円!そして缶ビール1本!!の記念日でした。(その時のブログはこちらへ) その日は道内ニュースの取材や道新の取材などメディアも殺到。 ボクも不覚(?)ながらも開店待ちでならんでいるトコが道新に載ってしまいました。 黒のレザーコートに9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八海山しぼりたて原酒 越後で候

先日、マスナガ酒店に行ったときに、6月中旬に八海山純米生原酒が出ると店主さんが言っていたこともありGO. ザンネンながらまだ入荷してないとのこと。でしたが、八海山の生原酒 1年半、-2度で熟成貯蔵した 越後で候 なら入荷してるとのこと。(3469円 アルコール20%) ま、とにかく一杯。あぁ、芳醇{%うっとり(ぽわん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアベイビーのシスコライス

このお店は実は久しぶり。 以前はよくドライブの途中に一服。 カリベビ、巴山、宮越屋珈琲、と何のイミもなくジカンをつぶしてたなぁ オールドアメリカンナイズされた店内に、ボクの前職の施設を思い出しちょっと切なくも。 カリフォルニアといってもイメージとしては、レッチリのカリフォルニケイションのような無国籍ではな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やぶ新の生ラムとニンニクの芽炒め定食

ラム肉やジンギスカンといえばお花見を思い浮かべますネ。 函館公園、五稜郭公園での夜桜は時期的にも寒いのですが、参加者で手分けして材料やコンロを調達し、桜の下でビールを飲みながらの会食は楽しいです。 個人的に思い出深いのは、在弘前時代に弘前公園での花見。 北海道民にとってのジンギスカンは定番ですが、青森では普通に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

やぶ新のレバニラ炒め

レバニラ炒めといえばなんといってもバカボンパパですよね。 子供のころ、レバニラ炒めを食べたことはないのに、バカボンパパが大好物とのことで印象に残っております。 レバニラって家庭でつくるというよりは、やっぱり定食屋さんのイメージが強いカナ 在弘前少年時代に、弘前駅近くの定食屋さんでレバニラか生姜焼きをよくいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワーゲンバスカフェ BE FREEのカフェラテ

ツイッターで作家の北尾トロさんからフォロー返しが。 トロさんとボクとの出会いは今から3年前、ボクがクィーンズポートはこだて在籍のころ。 週刊ポストの人気コーナー 「もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ」 というオトナの視点、観点で修学旅行をしてみようというトロさんの魅力爆発の企画の取材でした。 その時に、ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍美のレバニラセット

思えばボクのWEB上の表現の場は、HPナンバーズビジョン内の INUの生活からこの在函館少年がメインに、そして今、脱力少年+ツイッターがメインになりつつある今日この頃。 今日は、在函館少年クンを復活させてみようかと思いマス。 大川町の中華料理店 龍美 さんの登場です。 この龍美の店主さんも、幸珍、テトラ鶴龍と同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国酒 マッコリ

今、韓国酒「マッコリ」が女性、特にOLを中心にブームだとか。 「マッコリ」という名前から、サッカーファンのボクとしては、元ユベントスでイタリア代表歴もあるミッコリを思い浮かべました........ ま、気を取り直してイキましょう マッコリとは米を主原料とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はこだてワインの福袋

あまり、ブログでは語ってませんが、ボクは結構なドランカーっす。量はそれほどでは無いですがほぼ毎日、飲んでます。ビール、ウィスキー、チューハイ、飲みに行った時は日本酒とほぼなんでも。 とはいえ、健康面を考えると、改善せねばと思いつつ、新年になったことをきっかけにワイン党にでもなろうかなと思いたち、はこだてワインへGO{%車w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在函館少年的 B1グランプリ

昨今の、B級グルメブームには、目をみはらされますネ。 B級ご当地グルメ日本一決定戦 B1グランプリはちょっとした社会現象。 書店の雑誌コーナーでも B級グルメの文字が踊り、TV番組でもかつてのラーメンの特集番組が、そのままB級グルメに移り変わっているような感じ。 過去にグランプリにノミネートされたメニューは、富士宮やき…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

嵐 『マイガール』特製オムライス

セブンイレブンで発見! 嵐の相葉クンが主演のTV朝日 金曜ナイトドラマ『マイガール』特製オムレツ 見るからに、旨そう  でも498円はちょっと痛いかなって思いましたが、「こはるちゃんも大好き」ってキャッチコピーに、ドラマでのこはるちゃんと相葉パパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワーゲンバス洋風たこ焼き イル・ヴェント

il vento (イル ヴェント)は、イタリア語で「風」を意味します。 ワーゲンバスといえば、なんといっても、移動式カフェの 「BE FREE」。風であったり、自由であったり、枠に囚われない生きざま(attitude)がそのキュートな車体から感じ取れるようです。 今回、紹介のイル・ヴェントは、アークス戸倉店の前でキュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関根勤のハヤシライス

今日、久々のフル休日。今、めちゃリラックスモードで書いてます。 BGMには、くるり鶏びゅーと 参加ミュージシャンは、木村カエラ 高野寛 矢野顕子 ユーミン そして奥田民生 et. と 感服の一言デス! くるりの先日の函館ライブも良かったそうですね、(行った人、ウラヤマシイな) アルバムで、民生は名曲 ばらの花を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

割烹惣菜 giardino(ジャルディーナ)の鶏から揚げ

先日、オープンした、メガドンキホーテ函館店の「熱血商店街」のリストを見て、ビックリ! 割烹惣菜 giardino という惣菜店の店主がKさんではないですか? Kさんといえば、ミスター味っ子 味吉陽一がそのまま大人になった様な料理人です。 洋食屋さんのラーメンで函館のラーメン界に一石を投じ、その後、フレンチやスイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すき家の炭火やきとり丼

TVCMを見る度に、ボクの味覚センサーが反応してしまいます。 実は、吉ぎゅう、松屋は大好き! 夏に東京に2週間、出張しましたが、その期間に6回ほど、松屋のお世話に。 といいつつ、すき家は初訪問でした。函館亀田店に訪問。 午後3時過ぎのアイドルタイムということもあり、お客は数名。丁度、店の奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚丼ポロコの塩豚丼

今回、2回目です。前回の訪問では、ハコダテ150にもレポートを書かせてもらいました。(こちらへ) ポロコさんで、使用している豚肉は100頭に数頭しか取れない、「かみこみ豚」という貴重な肉を使用とのこと。確かに、クサミやすじっぽさが無く、大袈裟にいえば、さしみでもいけれるのではと思わせる肉質。前回はタレでしたが、今回は塩で注文。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠眠打破 メガシャキ

六本木勤務中の基本サイクルは、 朝6時起床、シャワー、朝食を経て、7時に門前仲町の東横インを出て、地下鉄大江戸線に乗って、六本木まで。 7時30分ごろ、職場へ到着。勤務は0時前後まで。途中、休憩は約15分のみ。 仕事を終え、地下鉄に乗り、門前仲町で降り、0時30分から1時ごろ、夕食。夕食は、バーミヤン、日高屋、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワーゲンバスカフェ BE FREEのストロベリーラテ

最近、この在函館少年の記事は、気が付けばほとんどラーメン。この辺で文字通りにコーヒーブレイクとしましょう。 先日、ハコダテ150のスタッフである、洋梨さんが、自身のブログで、BE FREEに大マンゾクとの記事を目にして、(こちらへ)久々に、行きたくなりました。休日の今日、GO。 ストロベリーラテ(名称が違ったかも{%トホ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

十勝豚丼ポロコ

ハコダテ150でも、紹介しましたが、在函でも書きます。5月上旬に、道新みなみ風にて、豚丼専門店オープンに記事を目にして、気になってました。豚丼は、もちろん、店主の方は、マグネティックモンスターという有名な、洋服屋さんとのことで、店の内装なども楽しみでした。 お店の外観は、親しみやすさの中にも、暖簾のエンジ色が、ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんきのヒレカツサンド

長かったGWも終わり、今日は半月ぶりに休暇がもらえました。今、風呂上がりで、ペズをBGMにかけながら、リラックスモードで書いてマス。 さて、このブログを立ち上げてから、早いもので約1年半経ちますが、最近はラーメン屋さんなどで、「いつも見てますよ」等と声を掛けられることも。が、ヒトミシリの激しいボクなので、「あ、どうも」って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活! ワーゲンバスカフェ ビーフリー

今、ビーフリーの記事をハコダテ150にも投稿しましたが、ここでは別角度で書きます。ビーフリーは2006年の春にデビュー。クィーンズポートを拠点に活動。その愛らしい車体と本格的なコーヒーが気軽に味わえることで、瞬く間に口コミで人気店に。厳選された豆と店主の竹谷さんのドリップの技術のコーヒーはホンモノです。 スーパー魚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more